オンライン英会話についての情報を発信していきます。

英会話は難しくなく簡単だ

英会話は難しくなく簡単だ 英会話は難しいと思うとなかなか進歩しません。
勉強しなくちゃとか、習得しなくちゃというように構えると、そのこと自体が英会話は難しいものという頭にしてしまうので、まずは英会話は簡単なんだと自分に言い聞かせ、昔から言われているように「習うより慣れろ」を実践することが、とても大切です。
簡単だというのは、英語圏に生まれた赤ちゃんは、自然と英語が話せるようになっていくということが一つの証拠です。
また、近年諸外国の多くの方々が日本を訪れるようになってきましたが、彼らは日本語を上手に話すこともその証拠です。
上手は言いすぎにしても、何とか通じる日本語を話します。
この二つのことを見つめてみると、何とか自分の気持ちを相手に伝えたいとか、相手の話していることを理解したいという気持ちを強く持てば、自然と不慣れな言葉も自分のものとなっていくということなのではないでしょうか。
日本人が英語を身につけるときも、理屈や恰好を気にしないで、ともかく話してみるということが大切で、文法とか、もっと適切な表現などといったことは、後でじっくりやればいいと割り切ることが、早道になるようです。

英会話のために英単語を覚えることは必要か

英会話をスムーズに行うために、英単語を覚えることは必要不可欠なのでしょうか。
現在日本で英語力の指標とされている多くの資格では、英単語を覚えなければ問題を解くことができないものが多いです。
しかし、実際に日常会話を行う際には明らかに必要ではないような単語を覚えさせられることに理不尽さを感じてきた人も多いのではないでしょうか。
結論を言うと、英会話をスムーズに行うためには、TOEICやTOEFLの高得点を取るのに要求されるような難単語を覚える必要は明らかにありません。
しかし、必要な能力は、覚えている単語を脳内から一瞬で引き出す能力です。
試験では、単語を見てから1秒考えて意味が思い出せれば、立派に通用します。
ところが、これでは十分ではないのです。
会話において、わからない単語の意味を1秒考えていれば、その間に会話は終わってしまいます。
少し簡単な単語でも、パッと意味がわからない単語を確実にすぐ意味が思い出せる状態にしておくことが大切です。